人材育成研修を自社でした場合、外注した場合

自社で行う場合のポイント

人材育成研修を自社で行う場合、組織や環境に応じたプログラムを構築しなければなりません。急な変更など、業務状況に合わせて対応していくことも大事です。予算を削減できるのはもちろん、育成のノウハウも蓄積できます。例えば、企画の立案やスケジュール調整といった一連の業務も、組織としてプラスになるはずです。さらに、教えることは学びにもなり、講師となる社員の成長にもつながります。研修後のフォローや効果測定を行えば、今後の人材育成にも生かせるでしょう。また、経営理念や行動規範を浸透させたい場合にも最適です。社内ルールの理解や徹底など、自社でしか実施できないテーマが向いています。研修の目的を明確にしておけば効果も期待できるでしょう。

外注する場合のポイント

新入社員向けのビジネスマナーや管理職向けの労務管理など、階層別のテーマは外注が適しています。自社の課題に応じたプログラムを、専門的な視点から構築してもらえるのが特徴です。マーケティングや財務会計といった、分野ごとに経験豊富なプロの講師がいます。また、社員が通常業務に専念できるので、研修の構築時間やコストの削減にもつながるはずです。加えて、専門領域における最新動向もしっかりチェックできます。研修を外注するときは、事前の面談で自社の特徴や課題を伝えておくことが大事です。パートナーとして協力関係を築いていくには、それなりの時間も要します。その他にも、テキストの開発体制や、研修のカスタマイズに対応できるかも確認しておきましょう。

販売の研修は、営業や販売職の新人に必要です。基本となる様々な知識や心構えといった、営業や販売技術を学びます。