人材育成研修にはどのような手法がある?

人材育成セミナーに参加させる

人材育成をしたいけれど、そのためのノウハウやリソースがない……そんな悩みを抱える企業も少なくないでしょう。例えば、人材育成を専門に行っている企業のセミナーに参加させることで、育成をするという方法があります。人材育成を専門に行っている企業であれば、育成のためのノウハウを持っているので、確実な効果を期待できます。したがって、自社の人が、手探りで時間をかけて育成を試みたけど、結局全然成長させてあげられなかった……ということになってしまうリスクを防くことが可能です。 また、殆どのセミナーは個別ではなく集団形式で行われるため、自分と同じような立場の人達とグループワークやディスカッションをする機会があります。これにより、自主性やコミュニケーション能力も同時に成長させることが期待できます。このようなセミナーは、数時間~数ヶ月と期間も様々なので、自社やその人に合わせてセミナーを選ことが重要です。

OJTで業務を経験させる

「どんな人材に育てて、どんな仕事をさせたいか」がある程度はっきりしている場合は、その仕事をする現場にOJT(先輩や上司の下で実際の職務現場で業務経験を積む教育方法)として参画させるというのが有効です。実際の業務を経験させることで、仕事の流れを掴むことが出来、状況によってはイレギュラーな時の動き方を知る事も出来ます。 また、先輩が常に一緒なので、育成の効果や本人の状態を確認しながら進めることが可能です。さらに、本人が「自分は将来こうなっていくことを求められていて、こんな仕事を任せられるんだ」ということが目に見える状態なので、モチベーションの維持がしやすいこともメリットです。 OJTでは、先輩となる社員が育成の殆どを請け負うことになるため、誰の下に就かせるかが非常に重要となります。

接客マナーの研修には、お客様に好感を与える身だしなみの研修があります。また、丁寧な言葉遣いや、歩く姿勢や動作で、お客様に好印象を与えるための研修も重要になります。