人材育成研修ではどんなことをするの?

集団で均一に学べる座学研修

個別ではなく集団で一度に学ぶことができる座学研修。研修を受けている社員全員に対し、同じレベルの指導が可能です。また、指導漏れを防ぐことができるというのも大きなメリットだと言えます。研修の種類も目的によって選択でき、例えば、新入社員なら社会人としての基礎である礼儀やマナーです。名刺の交換などの基本的なことは指導の差が出てはいけませんが、研修なら効率よく学ぶことができます。一方、ベテラン社員や転職で入社した社員については、日々の業務を効率よくこなすためのスキルアップや、仕事に関係する資格取得のための研修が有効でしょう。いずれも社員同士で励ましあったり、悩みや不安の解決について話せたりする機会になり、研修以上の効果が期待できます。

現場で実践しながら学ぶOJT

実際の業務を通じて学ぶことができる、それがOJT(On the Job Training)です。現場で仕事をしながら上司や先輩に指導を受け、業務で使えるスキルや知識を身に着けることができます。計画、実行、評価、改善と継続的に業務を改善していくためのPDCAサイクルに沿った研修が可能です。個人の育成を目的としているOJTは、座学研修とは異なりその場に適した臨機応変な対応が可能となります。また、上司や先輩社員が勤務時間の中で部下を育成する方法なので、人件費以外のコストがかかりません。もし研修を外部に委託するとなると、相応のコストがかかります。少ないコストで実践に対応できる社員を育成する。実に理にかなっていますね。

接客のセミナーは、小売業などを想定した接客マナーを学ぶ場です。口調や身のこなしなど、失礼にならない作法がわかります。