人材育成研修の目的は?

今こそ人材育成を!試される企業

仕事のグローバル化、IT化が進み、従来の年功序列、終身雇用が崩れつつある現代。少子高齢化も手伝って人材の流動化が加速しています。企業は働く人を確保すること自体が厳しくなってきているのです。今後は人材を集めるだけではなく、一から育てていく必要があります。せっかく採用をしてもその人材を生かせない企業は、優秀な人材ですら失ってしまう可能性が高くなるでしょう。そのためには社内のスキルや知識を高め、社員ひとりひとりのレベルを上げていかなくてはいけません。社員がスキルアップすれば、その分会社にとってもメリットがあります。今や企業にとって、人材育成は優先して取り組む課題と言ってもいいです。いかに個々の能力を発揮させることができるか、企業の底力が問われる時です。

社員のための人材育成

そもそも人材育成とは、「会社が更なる利益を出すために優秀な人材を確保するためのもの」という認識です。けれどそれだけでしょうか。会社で働くのは人、つまり社員なんです。社員のモチベーションと能力をあげていくことを目的として研修を行う必要があります。そうすることでやる気も出ます。結果として会社全体の士気もあがり利益に繋がるはずです。定期的に人材育成の研修を実施するのも、社員のモチベーションの維持と更なるスキルアップを期待できますね。そして「自分が成長することができる企業」と社会に認識されれば、自然と優秀な人材も集まってきます。企業が求めている人材が集まれば会社自体も余裕が生まれ、更なる育成に力を入れることができるでしょう。

接客の研修では、単純に話し方、表情などの技術的な講習から、ホスピタリティマインドを高める内面的な研修まで様々な研修が行われます。